前へ
次へ

かかりつけ薬剤師と在宅医療の役割

医師や看護師が家に往診に来ることはあっても、薬剤師がクスリを届けにあるいは服薬指導にくることはまずな

more

あまり求人を出していないところを選ぶ

コンビニなどでは常に求人を出しています。
24時間365日営業しないといけないので、常に誰か従

more

高齢者のライフサイクルの中心にある在宅医療

年齢を重ねるほどに日々の生活に含まれる医療のウエイトは大きくなります。
医者へ行く、クスリをも

more

セカンドオピニオンやサードオピニオンを知る

病気になると、まずはかかりつけ医に診てもらいます。
そこで治せる病気ならよいですが、重い病気となると大きな病院に行くように言われます。
今は直接行くより、クリニックを通さないと初診料が高くなることもあるので注意が必要です。
複数の病院を教えてもらえるので、その中から自分の好みの病院を選んで再度診察を受けます。
診察を受けると、診察結果と今後の治療の話がされます。
その医療機関の方針もありますし、医師の方針もあります。
複数の提案を受けることもあれば、一つのみのこともあるかもしれません。
この時、納得できなかったり、別の話を聞いてみたいと感じるかもしれません。
でも一度選んでしまったら変えられないと感じている人もいるでしょう。
各病院では、セカンドオピニオンやサードオピニオンを認めてくれるところがあります。
別の医療機関でも話を聞き、納得できるところで治療をしてくださいとの考えです。
もちろん戻って治療を受けることもできます。

Page Top